韓国ビザ代理申請受付!

韓国へ行きたい方へ朗報!

7月1日から韓国のマルチビザの申請が開始されました。
ニュースでも報道されているように東京の大使館は大変混雑しており、
7月4日から予約枠のみの受付となりました。
弊社では少しではありますが、予約枠の確保が出来ました。
(※個人申請と旅行会社代理申請では予約枠の時間帯が異なります。)
韓国へ行きたいけど、ビザの申請が出来ないという方!
クロノスでは代理申請を承っております。

〇対象
日本国籍
東京管轄(東京都・千葉県・埼玉県・栃木県・茨城県・群馬県)にお住まいの方
※上記以外の地域にお住まいの方はその地域の管轄大使館での受付となります。
例 神奈川県在住 駐横浜大韓民国総領事館の管轄

管轄についてはコチラ(大使館HP)

 

〇査証内容
・一般観光(C-3-9)
滞在期間: 90日以内
査証有効期間: 発給日から1年
マルチ(複数回入国可)
※基本的にはマルチで申請させて頂いております。
※パスポートの残存期間が1年に満たない場合1年マルチは認可されないことがございます。
※基本的にはマルチで申請させて頂いております。

滞在期間: 90日以内
査証有効期間: 発給日から3ヶ月
シングル(1回入国)
※特別にご希望の場合お申し付けください。

ビザ(査証)についてはコチラ(大使館HP)

※領事判断により必ず希望の査証が認可されるとは限りません。

※弊社ではC-3-9のみ承っております。その他の代理申請はお受けできませんので予めご了承ください。

 

〇必要書類
①査証発給申請書(自筆署名有)   ※両面印刷不可                        記入例はコチラ  
②パスポート(有効期間6ヵ月以上) ※カバーは外した状態でお送りください。
③パスポートのコピー(顔写真ページ)
④写真(3.5x4.5)※背景白のみ・申請書用
⑤航空券のコピー(往復)
⑥現住所の確認出来る本人確認書類 ※免許証コピー、住民票(原本)など

※全てA4サイズにてお願い致します。

〇申請書

こちらよりダウンロードできます。

記入例はコチラ

※滞在期間、渡航日はお客様のご予定を記載下さい。

〇代理申請手数料
お一人に付き 11,000円(税込) 

※申請書のサポートも必要な場合ご相談下さい。(要追加代金)

※申請完了のご報告時にご請求させて頂きます。

 

〇注意事項
申請は査証の認可を保証するものではございません。
大使館の判断により見送られる場合もございますので予めご了承ください。

その場合も手数料の返金には応じかねますのでご容赦下さい。

 

※お電話での枠のお問い合わせはお控え下さい。

〇毎週予約枠が異なりますのでご注意下さい。

申請日と渡航対象日を必ずご確認ください。

また申請日と渡航予定日は一週間以上の猶予を持ってご依頼下さい。

〇書類は必ず申請日の前日午前中までに弊社に到着するようにご準備下さい。

書類遅れによる申請不可は弊社では補償出来ません。

 

※現在受付中  

〇2022年8月22日(月)~26日(金)

対象: 8月31日(水)~9月30日(金)の出国航空券をお持ちの方

〇2022年8月29日(月)~9月2日(金)

対象: 9月7日(水)~10月7日(金)の出国航空券をお持ちの方

※書類不備の場合受付出来ません。

※申請日は上記からこちらで調整させて頂く場合がございます。

※申請書の申請日のみ空白でお送りください。

※申請枠には限りがありますので、必ず弊社申し込みフォームからお申込み下さい。

※お電話でご連絡頂いても電話での申し込みはお受けできません。

※枠に限りがありますので、既に埋まっている場合ご容赦下さい。

 

※残りの枠数もWEB上で確認頂けます。

                                          

今後の予定

 

※事前のお預かりは承っておりません。

※募集開始時間は未定

〇申し込みフォームにて申込み
※申請枠にも限りがございますので必ずご確認下さい。
〇必要書類を弊社まで郵送下さい。
※書類確認の為、期日は必ずご確認下さい。
※書類に不備があった場合、申請が出来ません。
※書類は順次確認させて頂きます。弊社からの到着確認のご連絡は致しません。 〇書類確認をさせて頂きます。
〇弊社の方で大使館に代理申請をさせて頂きます。
〇申請完了後、請求書を発行させて頂きます。
〇期日までに手数料のお支払いをお願い致します。
〇ご入金確認後、パスポート等の返却を致します。
※郵送の場合は追跡の出来るレターパックプラスにて送らせて頂きます。
〇査証は1~2週間で結果が出ます。
※結果はwebよりご確認頂けるようになります。

◎申請について

〇数か月先の渡航予定ですが、受け付けてもらえますか。

→先の分に関してはお受けできません。大使館より申請日に対象の渡航日が決められております。上部の現在の受付期間をご確認下さい。

キャンセル待ちもお受けしておりませんのでご了承ください。

〇大使館訪問予約の代行をお願いします。

→弊社では旅行会社の申請枠でのビザ代理申請のみ行っております。予約代行は行っておりません。

〇神奈川県在住で勤務地が東京です。受け付けてもらえますか。

→勤務地が東京管轄で、会社命令での出張で商用ビザの場合受けてもらえるそうです。

弊社では一般観光のみの受付とさせて頂いております。

〇電話で申し込み受け付けてくれますか。

→申し訳ございませんが、お電話でのお申込み・予約枠のお問合せはご遠慮下さい。

〇予約した申請日は変更出来ますが。

→申請枠に空きがあれば可能です。再予約せずに弊社までご連絡下さい。

〇申請出来たらビザはOKですか。

→弊社では申請の代行を行っており、申請の結果を保証することは出来ません。

最終的に大使館・領事の判断になります。必ず希望の査証が認可されるとは限りません。

〇手数料の支払い方法はなんですか。

→銀行振り込みとクレジットカード決済(VISA/MASTER)で対応させて頂いております。

〇預けたパスポートはどのように返却して貰えますか。

→特別なご相談がない場合追跡の出来るレターパックプラスにて申請書記載の現住所に送らせて頂きます。

〇パスポートはいつ返却して貰えますか。

→大使館への申請が完了致しましたら、申請完了報告と共に手数料の請求書を発行させて頂きます。

◎必要書類について

〇委任状は必要ですか。

→旅行会社で代理申請の場合不要です。

〇本人確認書類って必要なんですか。

→ご本人様が申請の場合は受付で身分証の提示を求められます。

代理申請の場合ご本人様不在ですので、必要となります。

また大使館の管轄の間違いがないように現住所が明記されているものと指示が来ております。

例:免許証コピー(住所変更がある場合裏面も)、住民票(原本)、マイナンバーカード(表面)コピー、保険証コピー(現住所が印字されているもの)

住民票の場合ご家族でもそれぞれに原本が必要となります。

〇用意していた申請書は現在有効なのかわからない。

→必ず最新のものをご利用下さい。コチラからダウンロードできます。

〇申請書を書き間違えた。修正ペンで訂正しました。

→修正ペン・修正テープでの訂正は大使館より止められております。

大使館へ提出する大切な書類です。お手数ですが書き直しをお願いします。

〇申請書5枚目の署名は何でもよいですか。

→必ずパスポートと同じ署名をご記入下さい。

※17歳未満の場合は保護者の署名が必要

〇ZIPAIRなどLCCだと航空券控えがまだ出ません。

→旅程表とレシート(領収書)をお送りください。

〇写真は青色背景も大丈夫ですか。

→大使館でも白色背景を指定しております。それ以外でも申請は致しますが、不受理やビザ認可に時間が掛かる恐れもございます。

〇普通郵便で送っても良いですか。

→パスポートを含め大切な書類です。万が一遅れてしまうと申請に間に合わない場合もございます。

弊社では追跡番号もあるレターパックプラスを推奨しております。

◎ビザについて

〇ビザはどのくらいで認可されますか。

→申請より1~2週間となります。

〇ビザの有効期限は申請した日からですか。

→ビザは認可された日から有効となりますので、目安としては申請日から1~2週間後からとなります。

〇申請後はどうやって確認すれば良いのか。

→パスポート返却時にもご案内致しますが、申請後はWEB上にてパスポート番号・氏名・生年月日から状況を確認頂けます。

また認可後はWEBからビザをダウンロードして、印刷したものを渡航時にお持ちください。

KOREA VISA PORTAL

※申請書5枚目注意事項7にも記載がございます。

〇以前に一般観光のシングルビザを取得しました。新しくマルチを申請したい。

→現在有効なシングルビザを利用後から新しいビザが申請出来るようになります。

〇マルチビザの方が申請が難しいですか。

→基本的に書類等は同じです。マルチにすることで料金が掛かるということもございません。

シングルは3ヵ月有効で1回入国、マルチは1年有効で複数回入国可能です。

特別な理由がない限りマルチで申請進めさせていただきます。シングル希望の際はお申し付けください。

※マルチは1年間有効の為パスポートの有効期間が1年未満の場合はシングルになります。

〇ビザを収得済みですが、K-ETAの申請も出来ますか。

→現在8月はビザなし入国(K-ETA申請必要)が認められております。

ビザが無効になったわけではないので、ビザでの入国(K-ETA申請不要)も問題ありません。

〇ビザが認可されたがC-3-99になっていた。間違いですか。

→現在7月以降に認可された日本国籍の方はC-3-99にて表記されております。

誤発給、エラーではございません。